お金を借りるケースを解説します。

「命の次に大切なもの」
時としてこのような表現が用いられる「お金」
今の世の中、何をするにもお金が必要になってきます。
お金を手に入れるために、働いているといっても過言ではありません。

 

しかし、長い人生においては突如お金が不足することがあります。
急な病気や怪我、天災や人災、明日会社が倒産するかもしれません。
このような事態になった場合、あなたならどう対処しますか?

 

普段から節約・貯蓄に励んでいて全く問題ない、という方は少ないのではないでしょうか。
手持ちのお金が不足した場合には、何とかしてお金を借りる方法を考えなくてはいけません。

 

「お金を借りる」と聞くと、「銀行や消費者金融」が真っ先に思いつくでしょう。
しかし、これらの金融機関を利用することだけが、お金を借りる方法ではありません。
そこでまず、お金を借りる方法にはどのようなものがあるのか考えてみましょう。

 

@親族からお金を借りる

 

実は一番楽にお金を借りる方法といえるのが、親や兄弟からお金を借りる方法です。
ここでいう「楽」というのは「返済が楽」という意味です。

 

親族からお金を借りた場合には、利息まで請求されることはまずないでしょう。
金融機関などからお金を借りると、借りたお金以上に利息を合わせて返済しなくてはいけません。

 

その分返済負担を考えた場合には、一番「楽」な借入方法といえます。

 

ただ実際に借りるとなると、そう「楽」にはいかないかもしれません。
相手があることですので、説得をしなくてはいけないためです。

 

お金が必要な理由を正直に説明して、誠意をつくすようにしましょう。
「ギャンブルでお金が無くなってしまった」といった理由では、まず貸してはもらえないでしょうから、その理由が大切になってきます。

 

借りたお金は必ず約束通りに、返済するようにしましょう。
あなたを信頼して貸してくれたのですから、その信頼を裏切るようなことは絶対に止めておきましょう。
万が一返済できない状況になると、お互いの人間関係にも悪影響を与えることになるでしょう。

 

A公的機関からお金を借りる

 

日本は比較的生活支援制度が整っている国といえるでしょう。
北欧などの国々に比較すると劣るかもしれませんが、世界的にも裕福な国といえますので、各種の生活支援制度を利用することができるようになっています。
普段の生活で困った場合には、公的な制度を利用することもひとつの方法です。

 

公的制度と聞くと「生活保護」を思いつく方もいらっしゃるかもしれません。
「生活保護」は「お金を借りる」のではなく「くれるお金」です。
つまり「返済しなくてもよいお金」であり、ここでいう公的制度とは「いずれ返済しなくてはいけないお金」のことをいいます。

 

「それじゃあ、生活保護が一番いいのでは?」
このように考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし生活保護を受けるには、高額の資産(自宅や車など)は処分する必要があります。

 

それ以上に「返済する義務」がないことで、自分に対する「怠慢性」が生まれる可能性もあります。
生活保護は最終的な手段であるということです。

 

公的な貸付制度は確かに返済義務があります。
しかし、民間の金融機関に比較してはるかに低い金利で借りることができます。
返済機関や毎月の返済金額にも相談に応じてくれますので、無理のない返済を行うことができます。

 

また生活再建のための様々な支援も同時に受けることができます。
居住場所のあっせんや、再就職支援などの相談も行うことができますので、人生を立て直すことが十分可能になるでしょう。

 

しかし、公的制度では「生活に困っている」一定の条件がありますので、誰でも利用できるわけではありません。
また申込を行ってから実際に支援を受けるまでに時間を要する場合があります。
長ければ2〜3ヶ月かかる場合もありますので、注意が必要でしょう。

 

B会社からお金を借りる

 

ここでいう「会社」とは「勤務先」を意味します。
自分が勤めている会社の貸付制度を利用する方法です。
社員向けの福祉制度が充実している勤務先では、貸付制度を利用することもひとつの方法でしょう。

 

やはり民間の金融機関でお金を借りるよりも低金利で借りることができるのが、大きな魅力です。
住宅購入の支援資金などある程度まとまった資金を借りることができるでしょう。

 

返済は給料天引きとなるケースがほとんどですので、返済忘れ(?)はありません。

 

会社でお金を借りてしまうと、将来の出世などに影響が出ることを心配される方も多いのではないでしょうか。
もちろん「遊びお金のお金」などといった理由では、影響は避けられません。
しかし一般的な理由で、正当な理由であれば、むしろ堂堂と利用をするべきではないでしょうか。
貸付制度などの福祉制度は、社員に与えられた「権利」といえます。
それでも心配な方は、信頼できる上司や人事担当者にあらかにめ相談するようにしましょう。

 

C金融機関からお金を借りる

 

最後に登場したのが、金融機関です。
金融機関といっても、様々な先が存在しています。
銀行、消費者金融、信販会社、郵貯、その他の金融機関では様々な融資、ローンを提供しています。

 

それぞれの特徴をよく理解して、自分にあった最適な先を選ぶことが必要になってきます。
「自分に合った」とは、以下の条件を挙げることができるでしょう。

 

・借りる目的

 

何故お金が必要なのか、によって借りる先と商品の方向性が見えてきます。
住宅購入や教育資金などの一定の目的であれば、その目的に応じた商品「目的型ローン」を選ぶようにしましょう。
カードローンなどの「非目的型ローン」に比較すると低金利で借りることができます。

 

・金利

 

金融機関でお金を借りる場合に、一番気にかかるのが金利の問題です。
できるだけ低金利で借りるには、借入先の金利状況をよく把握しておく必要があるでしょう。
一般的に「銀行は低金利」「消費者金融は高金利」といわれますが、これだけに注目することはよくありません。
多くの情報を入手して、比較検討するようにしましょう。

 

・生活スタイル

 

申込方法、返済期間、返済方法なども、金融機関により大きく異なってきます。
自分の生活スタイルに応じた先を見つけることも大切になってくるでしょう。
例えば、いくら低金利でも返済に時間と費用を要していたのでは、意味がありません。

 

「お金を借りるには、返済が肝心!!」

 

お金を借りる場合、一番注意しなくてはいけないことは何でしょうか。
借りる方法、金利、借りる金額、などお金を借りる条件に注意を行う方も多いでしょう。
もちろんこれらの条件を比較することも大切なことです。
しかし、一番大切なことは「きちんとした返済計画を立てる」ことではないでしょうか。

 

お金を借りることだけに夢中になってしまい、返済まで頭が回らないというのでは、後々大変なことになるかもしれません。
お金を借りることで、生活上のピンチを脱出できても、返済できなければ意味がないでしょう。
最悪の場合には、自分の人生そのものを失う結果ともなりかねません。

 

自分の収入、今後の人生プランを明確にしながら、無理のない返済計画を立てることが重要です。
間違っても「これからは出世して収入も増えるだろう」といった甘い考えを持つのはやめておきましょう。
今の収入の範囲内で返済できるような計画が必要です。

 

必要以上にお金を借りることも避けるようにしなければいけません。
消費者金融などでは、意外なほど簡単にお金を借りることができるので、お金を借りることに対する「抵抗感」が薄れることもあります。

 

最初はお金を借りることに慎重だったのに、繰り返し利用することで感覚がマヒすることもあるでしょう。
その結果返済不能になるまで借金が膨らんでしまう、いわゆる「借金地獄」にはまってしまうかもしれません。

 

こればっかりは、自分で注意する他はありませんので、しっかりと自分をコントロールするようにしましょう。


このページの先頭へ戻る